日焼けの肌荒れニキビ 紫外線の影響 

こんにちは。

今日は紫外線の肌における影響をお話しします。

紫外線は皮膚に当たると活性酸素という肌を老化させる物質を作りだします。

そこでそれを防ぐために登場するのがメラニンです。

 

肌荒れやブツブツができてしまう人はメラニンが少ないのもあります、、

皮膚が焼けてしまったために炎症が起き、肌が荒れ火傷やブツブツがでてしまうのです。

なので日焼け止めクリームは本当に大事!

ちなみに日焼け止めの種類ですが「紫外線散乱剤」のタイプを選んでくださいね!

「紫外線吸収剤」のタイプもありますがこちらは肌が弱い人はなるべく使わないでくださいね^^熱を保ってしまう可能性がありますので・・

紫外線の作る活性酸素がニキビの炎症を悪化させるのです。

美容鍼も肌にとても良いんですよ。

美容鍼は新陳代謝を活性化してくれますからね(^^♪

当院では石膏パックもありますから、美白な肌になりたい時はプラスしてたると本当に効果的!

日焼けしたばっかりの時ですと、冷却が大事ですが、その場合もぜひご相談ください。

患者様に合わせた治療でやっていきますので^^

いまならトライアルコースもお安くなってますのでぜひともどうぞ^^

おまちしております!

 

2016.04.20

スタッフブログ一覧へ戻る