鍼灸治療と漢方の相乗効果

美鍼HIRO’Sでは鍼灸の施術に合わせ、漢方療法で様々な症状の改善をご提案致します。
本来、東洋医学では鍼灸治療と漢方は同じカテゴリに分類され、合わせて施術服用する事で相乗効果が期待できます。漢方での病気の治療は日本でも大いに認められており、特に女性の婦人科系疾患に効果的です。

当院を運営しているヒロ鍼灸整骨院は漢方療法推進会に認定されており漢方の専門店です。患者様の症状に合わせた漢方薬の販売を行っております。
専門的な知識をもった担当スタッフが、様々な症状に合わせ最適な漢方薬をご提案致します。
※販売は5Fのヒロ鍼灸整骨院で行います。

漢方の紹介

鹿茸大補湯(ろくじょうだいほとう)-クラシエ

効能

貧血や食欲不振、痩せて皮膚の枯燥や身体の衰弱を呈するもの。
冷え性・肩のこり・関節炎・神経痛・疲労回復・補血・健胃強壮・食欲増進など。

特徴

「温腎補陽(おんじんほよう)」「健脾益気(けんぴえっき)」「補腎益精(ほじんえきせい)」この3つのはたらきが鹿茸大補湯の特徴です。生理機能を促進させ、様々な症状にはたらきかけます。当院は不妊の方にお勧めしております。

鹿茸大補湯の三つのはたらき

温腎補陽 (おんじんほよう)

その名の通り、陽を補い腎を温めるという意味を持つ温腎補陽。陽とは熱の元やエネルギーの事、腎とは、人の生理機能や生殖などにかかわる機能の事をいいます。「寒がり」や「手足の冷え」「足腰のだるさ」などに効果があるとされ、不妊や冷え性にはたらきかけます。

健脾益気 (けんぴえっき)

健脾益気の脾とは消火器系の事を指します。胃腸などを健康にし、元気なパワーの源となる気を益すという意味があります。漢方でも食事をとる事は非常に重要とされており、「胃もたれ」「食欲不振」「気力の低下」「疲れやすさ」などに健脾益気がはたらきかけます。

補腎益精 (ほじんえきせい)

腎とは人の生殖や生長などにかかわる機能の事をいい、この腎を補い根源となる気力などを指す精気を益すという意味をもっております。滋養強壮にはたらきかけ、「ひざや腰のだるさ」「めまい」「耳鳴り」などの症状に効果を発揮致します。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)-クラシエ

効能

気分がふさいだり、のどの異物感、動悸やめまい、嘔気などを伴う次の諸症:つわり・咳・喉のつかえ感・しゃがれ声・神経性の胃炎・不安神経症など。

特徴

「半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)」は、人を支えている目には見えないパワーの源の事を漢方では「気」を言いますが、この気の身体の巡りを良くして、ストレスや疲労で起こるのどのつかえ感や不安神経症にはたらきかけ、不快な症状を改善していきます。
この漢方はつわりの代表的な漢方で、当院では特につわりの症状でお悩みの方にお勧めしております。
※服用に関しましてはかかりつけのお医者様にご相談ください。

百花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)-新日本漢方

効能

排膿・解毒・殺菌作用・抗炎症作用・消炎
ヘビに噛まれたキズを治す効能など
感染性の疾患にも有効:虫垂炎・扁桃腺炎・咽喉炎・気管支炎など
当院では乳腺炎の方にお勧めしております。

特徴

白花蛇舌草とは、アジアに生息するアカネ科の植物の事を指します。白い花を咲かせ葉がヘビの様な形をしていることからこの名前が付けられました。 効能は主に解毒・殺菌作用があり、肝臓の機能を高め血の巡りを促進、気を高める効果があります。ガンの予防や治療にも使用される程、効果が期待できる漢方で更に複数の生薬が合わさった製品となっており、肌の調整(ニキビ)や湿疹にも効果的です。当院では特に乳腺炎でお悩みの方にお勧めしております。
【成分】白花蛇舌草、半枝蓮、馬歯莧、ハトムギ、霊芝、仏手

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)-クラシエ

効能

冷え症で貧血気味な方や、体力低下、下腹部の痛みや頭重、耳鳴りや動悸などの諸症:生理不順・生理異常・生理痛・産前産後の貧血や疲労倦怠、めまいむくみ・肩のこり・腰痛・足腰の冷え・しもやけ・更年期障害など

特徴

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、体内の「血 (けつ)」にはたらきかけます。血とは全身の器官や組織に栄養を与えているもので、この血の巡りつまり血行促進させることで全身に栄養を与える事ができます。血の量を調整し巡りを整えながら、同時に利尿作用にもはたらきかけ、余分な水分を体内から排出することにより、身体の冷えや生理不順を改善していきます。
当院では、不妊や流産予防、妊娠悪阻の軽減などにお勧めしております。

板藍根茶(ばんらんこんちゃ)-新日本漢方

効能

抗菌作用:悪い菌の体内増殖を防ぎ、細菌感染を予防します。 抗ウイルス作用:ウイルスの感染を予防します。
免疫力の増強・炎症鎮静・解熱消炎作用
風邪やインフルエンザの予防に!

特徴

板藍根とは伝統的な漢方の一つです。アブラナ科の植物松藍(ショウバン)の根を指し、その味は非常に苦く、大量に服用しないと効果が薄いと問題がありました。風邪や細菌、インフルエンザなどの解毒に働きかけるこの板藍根を、最新の技術で飲みやすくした製品が「板藍根茶」です。
天然の板藍根から有効成分を抽出し、板藍根茶1gで天然板藍根12g相当にもなる高濃縮エキスはとても体に良く、中国では常備薬としても一般的な存在です。子供でも飲みやすく大変おすすめです。
当院では、風邪やインフルエンザの予防としてお勧めしております。また、鍼灸施術後に試飲して頂く事もできますので、ぜひお気軽にご来院ください。

妊娠中の方や授乳中の方は、漢方の服用に関しましてはかかりつけのお医者様にご相談の上ご使用ください。

ご予約お問い合せはこちら